【検証】ダイエット遺伝子検査は本当にダイエットに役立つのか?

ダイエット遺伝子検査とは?

最近は病気のリスクや体質(肥満、肌質、薄毛など)も遺伝子検査でわかるようになってきました。万年ダイエッターの私も「どうして太るのか?」「どうして痩せないのか?」を知りたくてダイエット遺伝子検査を受けてみました。

DHCと遺伝子博士でダイエット遺伝子検査を受けた結果は以下のとおりです。

ダイエット遺伝子検査の結果2社

遺伝子検査の結果
DHC=脂質の代謝がニガテな洋なし型
遺伝子博士=全身ぷよぷよ筋肉不足パンダ

「洋なし」と「パンダ」に分類されておりますが検査結果はどちらも同じでした。

3つの遺伝的リスク全てに注意が必要で、遺伝的に太りやすい体質でした。

自分の遺伝的体質がわかっただけでは意味がないので、ダイエットにいかせるように3つのことをやってみました。

  1. 検査結果の内容を忘れないように記録する
  2. 検査結果の内容をわかりやすいようにまとめる
  3. 継続できそうなことを試す

この記事は、「ダイエット遺伝子検査は本当にダイエットに役立つのか?」の疑問を検証するための、ダイエット遺伝子検査結果の備忘録です。(謎)

DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット
遺伝子検査キット:5,000円(税込5,400円)
おすすめサプリ:3,810円~4,667円(価格は遺伝子タイプにより異なる)
関連記事DHCダイエット遺伝子検査の結果とレビュー

遺伝子博士のダイエット遺伝子検査キット
遺伝子検査キット:83%OFFの980円
おすすめサプリ:3,800円~9,800円(価格は遺伝子タイプにより異なる)
関連記事ダイエット遺伝子検査の結果とレビュー

ダイエット遺伝子検査とは?

DHCダイエット遺伝子検査の結果報告書

日本人の肥満に大きく関わっている3種類の肥満関連遺伝子を調べることで、自分にあったダイエット方法を知ることができる、最先端の遺伝子検査です。

  • β3AR 糖代謝リスク
  • UCP1 脂質代謝リスク
  • β2AR たんぱく質リスク

遺伝子って何?

遺伝子は親から子へ渡す、からだの形質を決定づける情報で、いわばからだの設計図のようなものです。人間を含むすべての生物がもっていて、人間(ヒト)には約2万2,000個の遺伝子があると考えられています。

ですが、人間の体質を左右する個人差は全DNAのうち、たったの0.1%にすぎません。でもこの0.1%の違いで、「自分はどんな体質なのか?」「将来どんな病気にかかりやすいのか?」と言ったことがわかるようになってきました。

遺伝子検査で何がわかるの?

遺伝子検査で自分の遺伝子タイプがわかれば、自分の体質に合った効率のいいダイエットを行うことができます。「何を食べればいいの?」「どんなことをしたらいいの?」「おすすめの成分は?」など、自分に合ったダイエットのやり方がわかります。

ダイエットが続かない、効果がイマイチ、リバウンドしちゃう、そんな失敗の理由もわかることで、効果的なダイエットが期待できます。遺伝子は一生変わることがないため、1度の検査でOKです。

肥満の原因は2つ。生活習慣と遺伝子

肥満を引き起こす原因は、食事や睡眠時間を含む「生活習慣」と「遺伝子」の2つです。どちらも肥満になる割合は同じで、3~7割と言われています。

肥満になるのは「遺伝子のせい」だけとはいえず、遺伝的に肥満になりやすいとしても、生活習慣でコントロールすることができます。逆に生活習慣が乱れれば、遺伝子リスクが低くても肥満になりやすいとも言えます。

長期的な健康管理、生活習慣のコントロール方法をサポートするために必要なのが、自分の遺伝子タイプを知る遺伝子検査なのです。

遺伝子検査Q&A

遺伝子博士、ダイエット遺伝子キット

遺伝子検査のやり方は?
自宅に届く遺伝子検査キットで、口腔粘膜や唾液のDNAを検査しています。頬の内側(口の中)を綿棒で擦るだけなので痛みもなく簡単です。

遺伝子検査の結果は一生変わらない?
遺伝子の情報は、生涯変わることはありません。一度検査を受ければOKです。
※私はDHCと遺伝子博士と2回遺伝子検査をしましたが同じ結果でした。

どこで受けても遺伝子検査の結果は同じ?
遺伝子検査の結果は同じですが、検査結果のアドバイス方法に各社違いがあります。
DHAの遺伝子検査の結果遺伝子博士の遺伝子検査の結果のレビューです。

遺伝子検査前に飲食の制限はある?
カフェインやポリフェノール、食べかすなどが口腔内に残っていると、検査に影響が出る恐れがあります。採取する1時間ほど前から、食べ物、水以外の飲み物、喫煙をお控えください。 採取前には口をすすいでください。

遺伝子検査の結果はどのくらいでわかる?
DHCの遺伝子結果は、検査キットを郵送後3週間程度で自宅に郵送されます。
遺伝子博士の遺伝子結果は、遺伝子キットを郵送後3週間程度でお知らせメールが届きます。結果内容は、PC・スマホアプリから確認することができます。

ダイエット遺伝子検査結果

ダイエット遺伝子検査の結果を比較

遺伝子検査の結果でわかった、自分の遺伝的体質にあったアドバイスです。
私の場合、DHCと遺伝子博士の2つで遺伝子検査をしましたが、当然ですがどちらの結果も同じでした。

ダイエット遺伝子検査の結果
  • β3AR 糖代謝リスク(高い)
  • UCP1 脂質代謝リスク(高い)
  • β2AR たんぱく質リスク(やや高い)

DHAの遺伝子検査の結果=脂質の代謝がニガテな洋なし型
遺伝子博士の遺伝子検査の結果=全身ぷよぷよ筋肉不足パンダ

※遺伝子検査の結果はどちらも同じ結果だったのですが、結果報告レポートが具体的でわかりやすく書いてあったので、遺伝子博士の結果レポートを参考にしています。

遺伝子検査結果・総合レポート

  • 遺伝的リスク全てに注意が必要で、遺伝的に太りやすい
  • 特に下半身とお腹まわりに脂肪が蓄積しやすい
  • 筋肉もつきにくいので全身がぷよぷよとした体型
  • まずは脂質を減らす事から始めましょう
  • 筋肉がつきにくい遺伝的体質、筋トレしても効果を実感するまでに時間がかかる
  • 時間がかかる事を意識して気長に続ける事も大切

優先順位は、脂質代謝リスク >糖代謝リスク > たんぱく質リスク

UCP1 脂質代謝リスク(高い)

  • 揚げ物やクリームを食べると太りやすい遺伝的体質
  • 脂質で太るので脂質を減らすことから始める
  • 脂質が脂肪として蓄積されやすく、特に下半身に皮下脂肪がつきやすい傾向
  • むくみやすい遺伝的体質でもあり、ヒップや太ももなどの見た目が気になる
  • 下半身を引き締める運動、セルライト対策を
  • 冷えやすい体質、体温を維持するために皮下脂肪を蓄えようとするので冷えない工夫が必要

β3AR 糖代謝リスク(高い)

  • 炭水化物や甘い物を食べると太りやすい遺伝的体質
  • 糖質で太るので糖質を減らすことから始める
  • お腹が空き血糖値が下がるとイライラし、間食する傾向にある
  • お腹まわりから太りやすく、痩せ始めても最後までお腹まわりが気になる
  • お腹まわりの脂肪燃焼、筋肉量増加を促す運動を行う
  • 体重変化が表れやすく、ダイエット効果を数字として実感しやすい
  • ダイエットをやめてしまうとリバウンドする可能性が高い遺伝体質

β2AR たんぱく質リスク(やや高い)

  • 筋肉不足による肥満になりやすい遺伝的体質
  • 筋肉がつきにくく基礎代謝が上がりにくい
  • 加齢による基礎代謝減少に伴い、急激に太る危険性
  • 一度太ると痩せにくく、ダイエットが難しい遺伝的体質
  • 意識してたんぱく質を摂取し、筋肉量を増やす運動を積極的に

食生活のアドバイス

遺伝子検査結果食生活アドバイス

食事によって太りやすく、ダイエット・肥満予防のためには食事制限が効果的な遺伝的体質です。

糖代謝リスク、脂質代謝リスクがともに高い遺伝的体質ですが、食事を減らす際は、糖質よりも脂質の多い食事から減らす事がおすすめです。また食事だけでは、十分にたんぱく質を補う事ができない可能性がある遺伝的体質です。

糖質よりも脂質を減らす

  • 糖質よりも脂質を意識して減らす方が効率が良い
  • おすすめ調理法は、ゆでる、焼く、蒸す
  • マヨネーズ、ドレッシングの脂質に注意

脂質の吸収を減らす工夫

  • スープや汁物、野菜を先に食べる
  • 脂質の多いおかずの時は、おかずより主食でお腹を満たす
  • タンパク質の多いおかずの時は、おかずを先に食べる

食事のとり方の順番

食事の回数は減らさない

  • 食事の量は減らしても、食事の回数は減らさない
  • 食事を抜かずに毎食決まった時間に食事する
  • 起きてから2時間以内に朝食を食べる
血糖値の増減に敏感な遺伝的体質で、お腹が空くとイライラして血糖値をすぐに上げてくれる甘いものをつい間食してしまいがちなので、食事を抜かずに毎食決まった時間に食事すること。同じエネルギー量であれば、回数を分けて食べた方が太りにくい事も分かっています。

まとめ食い、ドカ食いに気をつける

  • ストレスがたまるとまとめ食いやドカ食いをしやすい傾向
  • まとめ食いやドカ食いは、胃壁を広げてしまい、さらにまとめ食いドカ食いを誘発します

肉や魚のタンパク質を積極的に食べる

  • たんぱく質の摂取を減らすと筋肉不足、基礎代謝低下につながる
  • お肉や魚、卵や大豆製品は意識的に食べる

身体を温める食生活を

  • からだが冷えやすく、体温が下がりやすい遺伝的体質
  • スープや香辛料でからだが冷えない工夫を

甘いお菓子は控え、GI値が低いものから食べる

  • 甘いものを間食してしまうと、すぐに太る
  • 血糖値の増減に敏感な遺伝的体質で、血糖値が下がるとイライラする
  • GI値が低いものから食べる事が特に重要
  • 食事で上がった血糖値をしっかりと下げるためにもできるだけ間食は控える
  • 血糖値の増減を小さくする工夫が必要

糖質・脂質が少なくたんぱく質が補える間食

  • 間食の代わりにプロテインを飲む
  • 間食はヨーグルト、ナッツ類(食べ過ぎに注意)にする

日常生活のアドバイス

遺伝子検査結果のアドバイス(ライフスタイル編)

体重が変化しやすく、ダイエットの効果が比較的短期間で数字として表れやすいですが、脂肪ではなく筋肉が分解され、体重が減っている危険性もあります。

体重を意識し、モチベーションを高める事も大切ですが、筋肉量が減っていないか気をつけましょう。

体重も筋肉も落ちやすい、リバウンド体質

  • ダイエットの効果が比較的短期間で数字として表れやすい
  • 脂肪ではなく筋肉が分解され、体重が減っている危険性
  • 「リバウンド」の危険性が高い遺伝的体質

ストレッチ・マッサージを入念に

  • お腹周りに内蔵脂肪が、下半身に皮下脂肪がつきやすい遺伝的体質
  • 皮下脂肪は硬くなりやすく、血行不良や姿勢の歪み、コリを引き起こす
  • 痩せにくくなり、老化のスピードも速める
  • 運動前後は、ストレッチやマッサージで筋肉や脂肪をほぐす

サーキットトレーニングがおすすめ

  • 有酸素運動に力を入れたい遺伝的体質
  • 有酸素運動と無酸素運動(筋肉トレーニング)を交互に行う
  • サーキットトレーニングの後に30分程度ウォーキングもおすすめ

水中でのエクササイズは冷えに注意

  • からだが冷えやすい遺伝的体質、体温を下げない工夫が必要
  • 長時間水につかっていると体温が下がり、脂肪を蓄積してしまう可能性が
  • 長時間水の中に居続けない、終わった後に温かいスープを飲む、サウナを活用する

セルライト対策も積極的に

  • 下半身、腰回りから太ももにかけて脂肪がつきやすい遺伝的体質
  • マッサージなどでからだを温めたり、ほぐすなどを習慣に

日常生活の活動量を増やす

  • 掃除、洗濯、散歩、買い物といった日常生活における活動量を増やす
  • 筋肉をつかうことで、血流が促進され、浮腫み改善、たるみ予防の効果も
日ごろから運動習慣がない方は、日常生活の活動量を意識することから始め、運動の習慣づけを最終的な目的として、積極的に身体を動かすことを心がけましょう。

食事と生活の改善点

遺伝子博士のダイエット遺伝子検査

「どうして(そんなに食べてないのに)太るのか?」「どうして(こんなに頑張ってるのに)痩せないのか?」というダイエットの不思議が遺伝子検査をしてよくわかりました。原因がわかれば、その対策をすることができます。

脂質で太る
脂質の多い食品を減らす。(マヨネーズ、チーズ、バター、チョコレート、ウインナー、生クリーム、揚げ物)糖質さえ制限すれば無制限で食べてOKと思っていたので意識して減らす。

糖質で太る
甘い物、炭水化物は今までどおり制限するが、1日1食はごはん(米)を食べる。

筋肉がつきにくい
肉が苦手なので、魚またはプロテインでタンパク質を補う。

代謝が上がりにくい
体調が悪く運動はできないので、日常生活の活動量を増やす。ストレッチする。

お腹が空くとイライラする
朝食を抜かずに3食食べる。ガムを噛むと食べたい欲求とイライラが解消できる。

まとめ食い・ドカ食いしやすい
ストレスでドカ食いするタイプなので、食べる事以外でストレス発散する。

リバウンド体質
ダイエットを止めるとリバウンドするので、ダイエットを趣味にする。

冷えやすい
冷えとり・温活しているので、このまま継続する。

むくみやすい
味噌汁やスープを飲み過ぎるだけ塩分過多で浮腫むので汁物は1日1杯にする。

まとめ

  1. 更年期まっただ中の50歳
  2. 病気治療でホルモン剤を服用中(副作用で太りやすい)
  3. 遺伝子検査の結果は遺伝的に太りやすい体質

3つの痩せないリスクがある私ですが、ダイエット遺伝子検査結果を参考にして1ヶ月に1kg減、1年で12kg減を目指しています。

DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット
遺伝子検査キット:5,000円(税込5,400円)
おすすめサプリ:3,810円~4,667円(価格は遺伝子タイプにより異なる)
関連記事DHCダイエット遺伝子検査の結果とレビュー

遺伝子博士のダイエット遺伝子検査キット
遺伝子検査キット:83%OFFの980円
おすすめサプリ:3,800円~9,800円(価格は遺伝子タイプにより異なる)
関連記事ダイエット遺伝子検査の結果とレビュー