ブログ案内と自己紹介

糖質制限ゆるダイエット生活は、炭水化物をこよなく愛する主婦が、ゆる~い感じの「糖質制限ダイエット」の記録を綴るブログです。

運営者「ゆるこ」について

shikaku1

名前の通り、人生をゆる~く生きてる40代専業主婦です。夫は1人、子供は3人、お爺さん1人の6人家族です。

【Twitter】@yuruco_yurudiet
【ブログ】更年期のココロとカラダも運営しています。

DHCのダイエット遺伝子検査をしたら「脂質の代謝が苦手な洋なし型」でした。
ストレスでドカ食いし、太るタイプとわかったので、ダイエット成功と継続のために、「大人女子の自分メンテナンス術」の更年期のココロとカラダブログを始めました。

ダイエット開始時

年齢:48歳
身長:153cm
体重:61kg
体脂肪:38%

週に1回、身体計測をしています。ダイエットの成果はこちらから。
→ 身体計測

スポンサーリンク

「なんとかなるさっ」とゆるゆるな生活をしていたら、あっという間に10kg増。妊娠中の体重を何年もキープしている状態です。何度もダイエットにはチャレンジしてきましたが、性格もゆるいので、「飽きる」「諦める」「続かない」を繰り返しています。

最近、年なのか、更年期なのか、身体のあちこちにガタがきていまして、万年体調不良です。これは「なんとかなりそうもない。」とゆるい私もやっと重い腰を上げ、カロリー制限なし、お腹いっぱい食べられるという「糖質制限ダイエット」にチャレンジしようと、ゆるい決意をいたしました。

追記その1:糖質制限ダイエットを始めて気づいた事

食べ物の好き嫌いは、あまりないと思っていたのですが、糖質制限をするようになり、炭水化物を食べない食生活をはじめたら、こんなにも苦手なものがあるのかと自分でも驚いています。

まず、タンパク質源である、お肉が苦手でした。もともとそんなに好きではありませんでしたが、毎日毎日、お肉を食べ続けることがこんなにも苦痛だとは思いませんでした。

毎日食べ続け、お腹の調子が悪くなり、数か月でギブアップ。時々食べるなら、美味しいと感じるのですが、毎日はたくさんの量を摂るのは無理でした。美味しく食べられる量を食べて、それ以外は他の食品、サプリメントでタンパク質を補っています。

追記その2:糖質制限ダイエットを始めてからの身体の変化

まず、生理痛が少しづつ改善されている気がします。
子宮内膜症・子宮腺筋症・子宮筋腫の持病があり、何十年も鎮痛剤が手放せなかったのですが、ホントに少しづつですが、軽くなっています。

偏頭痛が激減しました。
鎮痛剤を飲む回数がめちゃくちゃ減りました。これにはびっくり。

主婦湿疹(手湿疹)が治りました。
手荒れというレベルを超えて、ひどかった手湿疹が全くなくなりました。ステロイド剤から解放され、今は手がとてもきれいです。

ホントにゆる~い糖質制限なのですが、それでもこうして実感できる効果があるのがとても嬉しいです。

体重の減りはイマイチですが(汗)身体の変化をこんなにも感じてしまうと、炭水化物が食べたいなー!と思っても、いや、食べてしまっても、そのまま食欲に負けて食べ続けることはぜず、ちゃんと糖質制限に戻ってこられています。(今のところ)

追記その3:10kgの大リバウンドしました

2014年10月から始めた、ゆる糖質制限ダイエット。
1年目の2015年10月には7kg減を達成しましたが、その後、体調を崩し、貧血・気胸で入院し、子宮腺筋症などにより、ホルモン剤を服用して生理を止めることになりました。

貧血、気胸、ホルモン剤については、こちらのブログで記録してます。
リンク更年期のココロとカラダ

その後、見事リバウンドし、2016年8月は人生MAXの体重になりました。(64.7kg)

リバウンドの原因は食べ過ぎですが、その食べ過ぎの原因は、ホルモン剤かもしれないし、単なる食べ癖が抜けないだけかもしれません。ただ間違いなく言えることは、「食べ過ぎている」「糖質制限できていない」と言うことです。

痩せるのは大変だけど、太るのはあっという間。7kg痩せて、10kg太るとかありえないんですが。(号泣)ダイエットを諦める!と言うのもありかと思うのですが、諦められないので、自分が納得するまでじたばたしてみたいと思います。

更年期女のジタバタに、お付き合いいただけると嬉しいです。

関連記事痩せにくい更年期+ホルモン剤を服用しながらのダイエット対策

このブログについて

ゆる~い糖質制限ダイエットを記録するだけのブログです。

ブログに記録していれば、諦めずに続けられるかな?と言う思いではじめました。一応目標は10kg減ですが、ゆるい性格ゆえ、いつ目標達成するかはわかりません。暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

line-tamablue

ご意見、ご感想、叱咤激励などのメッセージは、メールフォームよりご連絡お願いいたします。